第17回 日本生殖看護学会学術集会
The 17th annual Meeting of the Japanese Society of Fertility Nursing

ご挨拶

 この度、2019年9月15日(日)に第17回日本生殖看護学会学術集会を聖路加国際大学で開催させていただくことになりました。

 メインテーマは、「躍進する生殖看護−不妊治療からその先の妊娠・出産・育児へ」としました。近年、不妊に悩むカップルは増加の一途をたどっています。カップルは多くの困難を経験し、妊娠に至っていますが、妊娠できたからといって様々な問題がすべて解決できるわけではありません。流産・死産や児の異常への予期的な不安などによって妊娠をすぐには喜べず、産後の生活への具体的な準備ができないまま、出産を迎えてしまうことも少なくありません。また、高年齢妊娠による周産期の合併症や産後のサポート不足、遺伝的につながりのない精子・卵子の提供による妊娠など、身体的・心理社会的な課題もあり、カップルが親になっていくためには特別な支援が必要だと思われます。

 そこで、本学術集会では、教育講演、シンポジウムなどを通して、不妊治療中だけでなく、そのあとに続く妊娠・出産・育児期への継続的な支援について、参加者の皆様とディスカッションをし、よりよい支援のあり方について考える機会としたいと思います。

 企画委員・実行委員とともに、多くの皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。 
 

第17回日本生殖看護学会学術集会 
学術集会長 坂上明子 
(武蔵野大学看護学部 教授)

ダウンロード

第17回 日本生殖看護学会学術集会